Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今年もありがとうございました。おやこ食育アカデミー第4回のレポート
0
    おやこ食育アカデミー第4回のレポートです。

    今年最期のアカデミーは、12月13日(日)に穏やかな気候の中で開催することができました。

    プログラムは、盛りだくさんでした。
    ,まどで炊飯体験学習
    納豆作りの報告発表会
    B里涼罎糧生物と健康の話
    ぢ膾の収穫
    などなど。

    それぞれのプログラムの様子をご紹介しますね。
    ,まど炊飯体験では、昔の炊飯を体験しながらも、
    ご飯炊きの基本原則を学習しました。
    ご飯を上手に美味しく炊くために大事な過程は、
    「お米をはかる⇒洗う⇒水をはかって、浸ける⇒炊く⇒蒸らす」
    みんなで何度も声にだして、しっかり覚えましたね。

    実際に、工程にそってご飯を炊きます。
    まずは、お米をはかる。
    IMG_4017.JPG
    お米の量り方は、特別の呼び方があります。一合、二合、、、この木の箱は升と言います。
    十合は、升という呼び方に変わります。
    さて、大人もお勉強。一合は何グラム?何mlでしょうか?

    はかりかたを間違えると、美味しいご飯は炊けないので、
    みんなで確認しながら、お米をちゃんとはかりとりました。

    次は洗う。
    美味しい旨味や栄養素を流してしまわないように、優しく素早く。
     P1060676.JPG 
    次は、お水をはかり浸ける。
    何倍のお水がいるのかな?   
    お米を浸けている待ち時間は、火起こしの準備、シルバーの方々と薪割りをしました。
    回を重ねるごとに、みんな力強く薪割りが出来るようになりました。
    IMG_4020.JPG  IMG_4024.JPG IMG_4026.JPG 

    さて、いよいよ炊く工程。
    薪で火を焚くのは、なかなかコツがいります。
    しっかりお米が対流するように、強い火力が必要な時、火を弱くするタイミング、、、いろんな加減が必要なのです。
    炊飯器ではなかなか体験できません。
    その大事な火加減は、「はじめチョロチョロ、なかパッパ、赤子が泣いても蓋とるな」って歌があることも
    お勉強しました。
    IMG_4033.jpg P1060680.JPG
    力を合わせて炊いたご飯は、とっても美味しく上手に炊けました。
    お米は、保田ぼかしで作った無農薬の新米です。
    兵庫但馬の大屋町 井原さんが真心こめて作られたお米です。
      IMG_4013.jpg
    ごはんだけの美味しさを味わった後は、食のVenus特製カレーも。
    カレーは米粉を使い、具材にはアカデミーの圃場で穫れたサツマイモなども使いました。
    ご飯もカレーも、奇麗にみんな完食してくださいました!

    プログラムの
    納豆づくりの報告発表会。
    第3回で実習した納豆作りの感想をひとりずつ、発表していただきました。
    みんな、いろいろ工夫をしてくださったようでした。
    一生懸命発表してくださいました。

    みんなの発表から分かったことは、上手に納豆を作るには、
    温度、湿度が大事だということと、水分が多過ぎるとカビが生えてしまうということ。
    毎回、大事な発見がたくさんあります。
    微生物って、本当に奥が深いですねぇ。
    P1060691.JPG P1060687.JPG

    M杙卆萓犬函体の中の微生物と健康の話
    P1060703.JPG
    お腹の中で良い働きをしてくれる微生物がたくさん住んでいて、
    その良い微生物も、ま・ご・わ・や・さ・し・い
    (まめ、ごはん、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも類)が
    大好きということを学びました。

    ぅ廛蹈哀薀爐虜埜紊呂土産の収穫
    先月よりも随分立派に育った大根をたくさん収穫して、
    持ちきれないほどいっぱいお持ち帰りいただきました。

    先月の切り干しも、上手にできました。
    あんなにたくさん作った大根、干したらこれだけになっちゃった!?
    大根には大事な栄養素もいっぱい含まれてますけど、ほとんどが
    水分だから乾燥させたら、とっても小さくなってしまいます。
    そのかわり、切り干し大根は栄養素が濃縮しているよ。
    IMG_4060.JPG IMG_4056.jpg

    今年もNPO法人兵庫農漁村社会研究所 食育研究部をご指導ご支援くださり、
    本当に本当にありがとうございました。
    来年も豊かで美しい環境と人の健康維持増進に貢献できるような食育活動の実践を
    目標に、益々の充実と精進すべく精一杯力を尽くして参りたいと思っております。

    来年もどうかご指導ご支援どうぞよろしくお願い申し上げます。

    ありがとうございました。

    来年1月17日(日)は、アカデミーの最終回です。
    陽子先生より
    posted by: 山下陽子 | - | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://y-venus.jugem.jp/trackback/126
    トラックバック