Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
HPを開設しました
0

    食のVenusは、NPO法人兵庫農漁村社会研究所の食育研究部として所属しております。

    この度、HPを開設いたしました。

    活動記録やイベント・行事等のご案内は、下記URLをご覧ください。

    引き続き、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

    http://hyogo-nougyoson.jp/

     

    現在、おやこ食育アカデミー2017も募集中です!

    http://hyogo-nougyoson.jp/post-167/

    よろしくお願いします。

     

    posted by: 山下陽子 | - | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    おやこ食育アカデミー 7月の畑作業
    0

      おやこ食育アカデミーで栽培している圃場の畑作業についてレポート♪

       

      7月10日(日)猛暑の中、畑作業をしました。6月19日以降、ほぼ一ヶ月ほったらかしに

      していたので、びっくりするほどの雑草が生えてましたが、黒大豆も無事に発芽していました。

       

      みんなで雑草を綺麗に取り除いて、畝にたくさんの草を敷いて、雑草と乾燥防止。

      DSCN2311.JPG DSCN2362.JPG

      暑い中、一生懸命がんばりました。

       

      IMG_6986.JPG   IMG_7002.jpg

      たくさんの夏野菜も収穫できました。ナス、おくら、ピーマンなど。

      お野菜のお花の観察とお勉強もしました。

       

      7月24日(日)も、畑の作業日。

      この日も雑草抜きや収穫をしました。

      また、新たにニンジンの種を播きました。

      DSCN2551.JPG DSCN2535.JPG

      みんな畑作業がと〜っても上手になりました♡

      posted by: 山下陽子 | - | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第1回おやこ食育アカデミー 開講式♪
      0

        おやこ食育アカデミー2016が今年も開講しました!

         

        6月19日(日)あいにくのお天気に見舞われましたが、

        今年も元気いっぱいの参加者のみなさんがたくさん集まってくださいました。

         

        このアカデミーは、微生物から健康と豊かな農・食文化を学ぶことがテーマ。

        1年を通して、環境中・身体の中・生活の食品調理加工において活躍する

        微生物の役割やそのすごさを学びます。

         

         まず初めに、保田茂先生から、

        「土と微生物と健康」についての講義。土の中にはたくさんの良い微生物が

        生息していること、それらに触れることで人間の免疫力が高まることを

        学びました。また、そのためにはしっかりとご飯をたべることが大事だと

        教えていただきました。

         

         次に陽子先生とのお勉強は

        「健康な食べ方」について。食物を栄養素と役割別に赤・黄・緑のグループに分け、

        それぞれのグループに属する食べ物当てクイズをしました。

        また、ごはんとお味噌汁を基本とした食べ方が大事で、元気に暮らすためには、

        まごわやさしい(豆類・ごはん・野菜・魚・しいたけなどのキノコ類・芋類)を

        しっかり食べる事、旬のお野菜をしっかり食べる事などを一緒にお勉強しました。

        IMG_6788.JPG

        お出汁の旨味についてもお勉強しました。

        昆布やイリコだけの単品で出した出汁よりも、昆布と魚(イリコやカツオ)を

        合わせて出したほうが、美味しいことを体験していただきました。

        DSCN2106.JPG

        午後からは、畑での農作業体験

        心配されたお天気も、奇跡的回復を見せ、なんとか黒大豆の種まきとじゃがいも掘りができました。

        DSCN2165.JPG  DSCN2156.JPG

        保田ぼかしと牛糞堆肥を用いて、無農薬で栽培します。畑の管理や畑仕事は、シルバーサポーターの皆さんがご支援くださってます。

        みんなで植えた黒大豆が、秋にはたくさん実りますよ〜に。。。

         

        IMG_6756.jpg

        ゴロゴロと大きなジャガイモがたくさんとれました。

         

        IMG_6772.jpg

        優しいおじさんに教えてもらいながら、ピーマンもたくさん採れました

         

        美味しい旬のお野菜をしっかり食べて、

        ご飯・お味噌汁・発酵食品で暑いなつを元気いっぱいに過ごしてくださいね。

        陽子先生でした。
        このプログラムの実施するにあたり、格別のご支援をいただきました
        公益社団法人 兵庫みどり公社、兵庫県農政環境部農業改良課、株式会社トーホー様に心より御礼申し上げます。
        また、本年度のこのプログラムは、農林水産省の健康な食生活を支える地域・産業づくり推進事業の助成をいただき
        実施しています。
        posted by: 山下陽子 | - | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        おやこ食育アカデミー 畑の作業レポート
        0
          梅雨に入りましたが、畑や田んぼでは緑が力強く活き活きする季節となりました。
          おやこ食育アカデミー2016もいよいよ来週が開校式

          まだ、お申し込み受付中ですので、ふるってのご参加、お待ちしております。
          詳細はこちらをご覧ください。
          http://y-venus.jugem.jp/?eid=129


          さて、開校式に向けてスタッフさんと早期お申し込み者の皆さんで、
          4月からすでに畑でのさまざまな準備を進めています。

          4月にはジャガイモ植えをしました。今回は5月に行った作業をレポートします。

          5月1日は、暑い陽射しの下で夏野菜を植えました。
          P1060791.JPG P1060786.JPG
           ピーマン、なす、さつまいも、オクラ、枝豆。
          今、畑でグングン育っています。来週は少しは収穫物も採れるかな?

          4月に植えたじゃがいもも、順調に育っています。上手に丁寧に間引きをしました。
          6月には収穫をします。美味しいジャガイモが採れますように。
          P1060781.JPG  IMG_6095.JPG

          今年のおやこ食育アカデミーのプログラムです。
          本年度は、農林水産省健康な食生活を支える地域・産業づくり推進事業の助成を受けて実施します。

          お申し込み、お問い合わせは下記まで

          来週の開校式が待ち遠しいです。今年も有意義な活動を実践していきたいと思っています。
          よろしくお願いします〜。

          お問い合わせ
          食のVenus事務局
          電話:078-961-5575
          メール:syoku_venus415@yahoo.co.jp
          posted by: 山下陽子 | - | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          食のVenus設立7周年を迎えました
          0
             食のVenusは、本日4月15日で設立7周年を迎えることができました。
            これも一重に、日頃から温かくご指導ご支援頂いております、皆々様のお力添えとお導きのお陰でと心より深くお礼申し上げます。

             温かいご支援を頂きながら、このように活動を継続してこれたことに、日々幸せを感じております。
            たくさんの素晴らしい方々のご縁に恵まれましたことにも、感謝しております。

             活動内容もちょっとずつですが、いろいろと幅を広げたり、新たなことにも挑戦させて
            いただけるようになって参りました。
            これからも、初心を忘れず情熱をもって精進に努め、皆様の健康と豊かな環境に貢献できる活動の
            実践できればと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

             さて、食のVenusの活動の柱とも言えるおやこ食育アカデミーは、現在参加者を大募集中です〜。 
            http://y-venus.jugem.jp/?eid=129
             
            本年度は、農林水産省の補助事業の一環として、本プログラムを実践してまいりますので、
            これまでより、充実した内容を展開できる予定ですので皆様ぜひご参加ください。どうぞよろしくお願いします。

             ご案内したおやこ食育アカデミーの本格始動は6月からですが、4月や5月には早期申込者や見学希望者と
            スタッフで、畑の作業を実践しています。
            すでに、4月3日(日)には、ジャガイモ植えをしましたので、その様子をレポートします。

            IMG_5809.jpg IMG_5792.jpg種芋は、上手に芽を残して切り分けます。
             参加した子供たちも、とても上手に包丁や鍬などの道具を使いこなしたり、
            雑草や石を除く作業を一生懸命がんばりました。

            IMG_5805.jpg  IMG_5821.jpg
            みんなで力を合わせて、和気藹々と和やかに作業をしました。
            IMG_5812.jpg
            次回の夏野菜用の発酵肥料も準備しました。

            IMG_5820.jpg 満開の桜のもとで楽しく幸せなひと時でした。

            今後のおやこ食育アカデミーのスケジュールです。

            安全良質な作物の栽培・調理加工実習・健康な食べ方に関する講義等、
            さまざまなことを学んでいただけるような内容で、参加者の方に
            有意義で楽しいひと時を過ごせるように考えておりますので、
            どうかどうかよろしくお願いします。

             見学も大歓迎いたします。
             次回の畑作業は5月1日(日):夏野菜植えを予定してます。
               場所:兵庫楽農生活センター

            お問い合わせは、syoku_venus415@yahoo.co.jp
                                    078-961-5575(午前中不在)まで。。。

            お花や新緑の美しい春をめいいっぱい満喫しましょ〜!

            陽子先生でした。
            posted by: 山下陽子 | - | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            おやこ食育アカデミー2016の募集を開始いたしました!
            0
               ようやく春めいてまいりましたねっ。心踊る待ちに待った春の到来です。

              2016年度も多くの方のご支援を賜り、おやこ食育アカデミーを開催させていただく運びとなりました。
              参加者募集を開始いたしましたので案内申し上げます。たくさんのご参加を心よりお待ち申し上げております。
              どうぞよろしくお願い申し上げます。


              「おやこ食育アカデミー2016」
               微生物は、通常目には見えませんが、この環境中にたくさん生息しており、私たちの住む環境や健康を守ってくれています。
              また、ごはんとみそ汁(発酵食品)を中心とした食スタイルは、わが国の気候風土から生まれた暮らしの文化であり、健康に生きる基本的な食生活です。発酵食品も微生物の働きによってできるものです。しかしながら、昨今、環境が汚れ、伝統的な食卓の風景も消えつつあるために、微生物の活力も低下してきています。その結果、人にも様々な新しい病気が増えました。
               今一度、微生物と人とのつながり、人の健康に対するごはんや発酵食品の大切さ、微生物と日本の環境に着目した“食育”について、大人と子供一緒に学びませんか?

              農業体験、調理実習、かまどでの炊飯、食育学習等を盛り込んだプログラムです。

              黒大豆の種まきは子どもたちにとってはすごくわくわくする作業、夏の草取りはちょっとしんどいけれど、だから、秋の収穫は格別の感激、寒くなってから石臼で大豆をぺったんぺったんと搗きながら、お味噌づくり。
              かまどを使った炊飯体験など、子どもたちには深く思い出に残る食育プログラムを準備して、皆さんと一緒に活動できますことをお待ちしております。

              大豆が味噌に変身できるのは麹などの微生物の働きのお陰、微生物は土の中にいて野菜の生命を守り、私たちのお腹の中にいて、私たちの生命を守り、大事な大事な働きをしてくれている、こんな勉強もして頂きます。

               さらに、神戸大学名誉教授の保田茂先生が開発した、低温発酵有機資材「やすだぼかし」を使った有機栽培と土づくりによる野菜づくりの実践指導もありますよ。
               

              主に日曜日に開催します。農作業体験に興味のある方、食育に関心をお持ちの方は、是非、ご参加下さい。若い方はお子さん連れで、高齢の方はお孫さんと一緒に、子どもが大きくなってしまった方は大人だけでのご参加も歓迎いたします。
              申し込み要領は添付資料に記載してあります。皆様方のご参加を心からお待ちしています。
               開校式の6月までにも農作業をしております。早期にお申し込みの方もしくは見学等ご希望の方は、ぜひ4、5月の自由参加農作業へのご参加も歓迎です!


              おやこ食育アカデミー2016の詳細
              日程
              。況遑隠稿(日):入学式、講義(大地の栄養とごはんのはなし・健康な食べ方のはなし)、農作業(黒豆種まき・じゃがいも収穫)
              ■隠扱遑6日(日):講義(土作りと土の微生物のはなし)、実習(納豆づくり)、農作業(サツマイモ収穫)
              11月27日(日):農作業(黒豆の収穫)、実習(ぬか漬けづくり)
              ぃ隠卸遑1日(日):講義(体の中の微生物のはなし)、実習(かまどで炊飯)、農作業(大根収穫)
              1月15日(日):講義(災害とおむすびのはなし)、実習(味噌作り・災害食を想定したパッククッキング)、修了式

              【自由参加の農作業日(午前中のみ)】
              *4月  3日(日):農作業(ぼかし作り、畝作り)
              *5月  1日(日):農作業(夏野菜の苗植え)
              *7月10日(日):農作業(黒豆の草取)
              *7月24日(日):農作業(野菜管理と収穫)
              *9月11日(日):農作業(夏野菜の収穫、草取と大根の種まき)


              場所:兵庫楽農生活センタ―内 〒651-2304 兵庫県神戸市西区神出町小束野30-17
              時間:午前10時〜15時頃 (天候により、日程や内容を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。)
              対象:小学生の親子・食育に関心をお持ちの大人だけも可 (合計50名まで)子供だけの参加は不可、必ず保護者同伴。 
                 (祖父母の参加はOK)
              入会金:大人3,000円、子供1,500円 (教材、材料費込み)
              参加費:大人1,000円、子供500円  (昼食、資料代込み) 
                         ただし3回目と自由参加の農作業日は無料 (2才以下の幼児も無料、昼食は付きません。)
                         初回に参加費1回目分と共に入会金を頂きます。2回目以降の参加費は、その都度頂戴します。

              申し込み:メール、FAX、電話にて下記事務局まで
                  .瓠璽襪両豺: 下記アドレス宛にタイトル「アカデミー申し込み」と記入し、空メールをお送りください。
                  *携帯からご連絡をくださいます方は、PCからのメール拒否設定などの解除をお願いします。     
                  FAXの場合:下記の用紙に必要事項を記入の上お送りください。


              お申込み下さいました方には、当日の集合場所・持ち物、服装・その他詳細を改めてご連絡致します。

              申し込み締め切り   612日(先着順)
              主催:NPO法人兵庫農漁村社会研究所、株式会社トーホー
              協力:兵庫県農業改良課、(公社)兵庫みどり公社 兵庫楽農生活センター

              お問い合わせ先
              NPO法人兵庫農漁村社会研究所-食育研究部食のVenus
              山下陽子
              事務局:〒651−2276 神戸市西区春日台2−12−34
              電話FAX 078-961-5575  
              mail :syoku_venus415@yahoo.co.jp


              座学・実習・農作業が一緒になった楽しいアカデミーですよ♪
              皆さんと一緒に、微生物の働きと食・農・健康・環境と関わりについて、
              食育をテーマにお勉強できますことを楽しみにしています。
              posted by: 山下陽子 | - | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              おやこ食育アカデミー最終回 その2 最後の最後
              0
                おやこ食育アカデミー2015最終回 続のレポート後半です。

                1月17日は阪神淡路大震災の日 今年で21年目。
                毎回、アカデミーの最終回プログラムは、主催者側の強い想いがあり、被災者の方々を追悼するとともに、その時の教訓を忘れないよう、災害を想定した昼食をみなでとり、災害と防災についてを考えます。

                 今回は、ビニール袋を活用した真空調理 パッククッキングに挑戦しました。
                湯煎する真空調理なので、衛生的・一人分ずつ作れる・薄味でヘルシー・温かいものが食べられる
                食器が不要などの多くの利点があります(この調理法は兵庫県栄養士会でも普及を推奨しているもの)。
                スーパー等に置いてある、不透明なシャリシャリ素材(高密度ポリエチレン)の袋が
                熱にも強く、外からの浸水も無いです。ご飯も炊けます。
                IMG_5018.JPG IMG_5021.jpg
                さすが、これまでの学習の賜物!ご飯をはかるのも、おてのものです♡

                IMG_5013.JPG
                こうすると、水圧で空気が外に出せるので、袋内が真空になります。

                メニューは、
                *ごはん
                *さんまと厚揚げの甘辛煮
                *炊き出しをイメージした具沢山みそ汁
                などなど

                IMG_5028.jpg IMG_5025.JPG
                こんな短時間で、こんなに具材が柔らかく味がしみ込むの〜!?
                ご飯がこんなに柔らかくなるの〜!?と
                大人も子供も美味しく元気モリモリ食べてくれ大好評でした。

                 もしも自分が災害に遭ったとき、しっかりと生きて、助ける合えるための知恵の一つとして。
                もしもどこかで災害が起きたとき、支援に行って役立てるための知恵の一つとして。
                助け合いの優しい心を持つ未来の子どもたちのためにもぜひ知って頂きたい知恵です。


                お昼の最中には、ちょっと心も温まるひととき。
                とっても素敵なマジックをアカデミーサポーターの広瀬さんが
                披露してくださり、みんな不思議なまなざしで釘付け
                IMG_5033.JPG

                昼食を食べた後は、
                 阪神淡路大震災とおむすびについてのお話を保田茂先生から学びました。
                阪神淡路大震災を教訓に地域の近隣農村との連携を大事にし、食べ支え合う暮らしが
                大事であること、ご飯をしっかりたべること、おむすびの日の由来等を学びました。
                IMG_5035.JPG
                みんな真剣に聞きました。

                い修靴董∧未譴鮴砲靴泙譴覆らも、、、大好きなみんなとお別れのとき。
                これからも、環境や食や微生物のことを大事にしながら、元気に過ごして欲しいと願いを込めて、
                1人ずつに修了証をお渡ししました。
                IMG_5038.jpg
                みなさんとのお出会いに心から感謝です。一年間一緒に学べて、本当に幸せでした。

                施設設備を使用させていただきました楽農生活センターさん、作業等もご支援を頂いた株式会社トーホーさん、アカデミーのサポーターの皆さん、スタッフの皆さん、参加者の方々のお陰で、無事にプログラムが完了し、有意義な一年の締めくくりを迎えることができました。
                心より厚く厚く御礼申し上げます。次年度も開催予定ですので、引き続きご指導ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
                近日募集開始予定!


                陽子先生より
                posted by: 山下陽子 | - | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                おやこ食育アカデミー2015最終回 その1(手前味噌づくり♪)
                0
                  2016年1月17日(日)おやこ食育アカデミーの最終回でしたき

                  ぜん5回のメイン講座と自由参加の畑作業とプチ講義5回の全10回の集大成です。
                  プログラム内容は、
                  々大豆の手前味噌づくり
                  ∈匈音を想定した調理実習(パッククッキング)
                  阪神淡路大震災とおむすびについてのおはなし
                  その算邯海判の纂

                  まずは前半の味噌作りについて♪のレポート

                  々大豆で手前味噌づくりは、
                  てまえ味噌の歌をみんなで口ずさみながら楽しく作業が進められました〜。
                  臼と杵で大豆をつぶします。
                  塩と麹(いずれも兵庫県産)を丁寧に混ぜ合わせます。

                   今年は残念ながら、自分たちで栽培した黒大豆は収量が少なかったので、
                  同じ保田ぼかしを使った栽培法で収穫した、高本農場(朝来市)の丹波黒を
                  使用させていただきました。
                  IMG_4999.jpg  IMG_5004.JPG

                  秤をつかって、上手にそれぞれの分量をはかります。
                  美味しくなって、良い菌がすみやすく、ばい菌が侵入しにくい
                  環境をつくります。
                  味噌玉を作って、丁寧にビニールに詰めてできあがり。
                  IMG_5005.JPG IMG_5010.JPG
                  あとは、お家で半年から1年くらい発酵させると、、、美味しいお味噌になります。
                  みんな、家族一緒に力を合わせて、丁寧に味噌作りができました。
                  良い菌が元気に働いて、美味しい味噌を作ってくれるように、お家で大事にしてね♡
                  今年作ったお味噌の一部は、次年度のアカデミーでも昼食としてお出ししますので、
                  お楽しみに!

                  後半は、震災関連内容としてレポートします
                  読んでくださり、ありがとうございます。

                  陽子
                  posted by: 山下陽子 | - | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  今年もありがとうございました。おやこ食育アカデミー第4回のレポート
                  0
                    おやこ食育アカデミー第4回のレポートです。

                    今年最期のアカデミーは、12月13日(日)に穏やかな気候の中で開催することができました。

                    プログラムは、盛りだくさんでした。
                    ,まどで炊飯体験学習
                    納豆作りの報告発表会
                    B里涼罎糧生物と健康の話
                    ぢ膾の収穫
                    などなど。

                    それぞれのプログラムの様子をご紹介しますね。
                    ,まど炊飯体験では、昔の炊飯を体験しながらも、
                    ご飯炊きの基本原則を学習しました。
                    ご飯を上手に美味しく炊くために大事な過程は、
                    「お米をはかる⇒洗う⇒水をはかって、浸ける⇒炊く⇒蒸らす」
                    みんなで何度も声にだして、しっかり覚えましたね。

                    実際に、工程にそってご飯を炊きます。
                    まずは、お米をはかる。
                    IMG_4017.JPG
                    お米の量り方は、特別の呼び方があります。一合、二合、、、この木の箱は升と言います。
                    十合は、升という呼び方に変わります。
                    さて、大人もお勉強。一合は何グラム?何mlでしょうか?

                    はかりかたを間違えると、美味しいご飯は炊けないので、
                    みんなで確認しながら、お米をちゃんとはかりとりました。

                    次は洗う。
                    美味しい旨味や栄養素を流してしまわないように、優しく素早く。
                     P1060676.JPG 
                    次は、お水をはかり浸ける。
                    何倍のお水がいるのかな?   
                    お米を浸けている待ち時間は、火起こしの準備、シルバーの方々と薪割りをしました。
                    回を重ねるごとに、みんな力強く薪割りが出来るようになりました。
                    IMG_4020.JPG  IMG_4024.JPG IMG_4026.JPG 

                    さて、いよいよ炊く工程。
                    薪で火を焚くのは、なかなかコツがいります。
                    しっかりお米が対流するように、強い火力が必要な時、火を弱くするタイミング、、、いろんな加減が必要なのです。
                    炊飯器ではなかなか体験できません。
                    その大事な火加減は、「はじめチョロチョロ、なかパッパ、赤子が泣いても蓋とるな」って歌があることも
                    お勉強しました。
                    IMG_4033.jpg P1060680.JPG
                    力を合わせて炊いたご飯は、とっても美味しく上手に炊けました。
                    お米は、保田ぼかしで作った無農薬の新米です。
                    兵庫但馬の大屋町 井原さんが真心こめて作られたお米です。
                      IMG_4013.jpg
                    ごはんだけの美味しさを味わった後は、食のVenus特製カレーも。
                    カレーは米粉を使い、具材にはアカデミーの圃場で穫れたサツマイモなども使いました。
                    ご飯もカレーも、奇麗にみんな完食してくださいました!

                    プログラムの
                    納豆づくりの報告発表会。
                    第3回で実習した納豆作りの感想をひとりずつ、発表していただきました。
                    みんな、いろいろ工夫をしてくださったようでした。
                    一生懸命発表してくださいました。

                    みんなの発表から分かったことは、上手に納豆を作るには、
                    温度、湿度が大事だということと、水分が多過ぎるとカビが生えてしまうということ。
                    毎回、大事な発見がたくさんあります。
                    微生物って、本当に奥が深いですねぇ。
                    P1060691.JPG P1060687.JPG

                    M杙卆萓犬函体の中の微生物と健康の話
                    P1060703.JPG
                    お腹の中で良い働きをしてくれる微生物がたくさん住んでいて、
                    その良い微生物も、ま・ご・わ・や・さ・し・い
                    (まめ、ごはん、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いも類)が
                    大好きということを学びました。

                    ぅ廛蹈哀薀爐虜埜紊呂土産の収穫
                    先月よりも随分立派に育った大根をたくさん収穫して、
                    持ちきれないほどいっぱいお持ち帰りいただきました。

                    先月の切り干しも、上手にできました。
                    あんなにたくさん作った大根、干したらこれだけになっちゃった!?
                    大根には大事な栄養素もいっぱい含まれてますけど、ほとんどが
                    水分だから乾燥させたら、とっても小さくなってしまいます。
                    そのかわり、切り干し大根は栄養素が濃縮しているよ。
                    IMG_4060.JPG IMG_4056.jpg

                    今年もNPO法人兵庫農漁村社会研究所 食育研究部をご指導ご支援くださり、
                    本当に本当にありがとうございました。
                    来年も豊かで美しい環境と人の健康維持増進に貢献できるような食育活動の実践を
                    目標に、益々の充実と精進すべく精一杯力を尽くして参りたいと思っております。

                    来年もどうかご指導ご支援どうぞよろしくお願い申し上げます。

                    ありがとうございました。

                    来年1月17日(日)は、アカデミーの最終回です。
                    陽子先生より
                    posted by: 山下陽子 | - | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    おやこ食育アカデミー第3回のレポート(11/29)
                    0
                      更新がご無沙汰になってしまってり、連続の更新になってすみません。

                      11月29日(日)おやこ食育アカデミー第3回の報告を続けて。

                      メインプログラム内容は、6月に植えた黒大豆の収穫
                      P1060652.JPG
                      今年は残念ながら、収量が少なかったですが根粒菌も観察でき、
                      みんなで収穫を楽しむことができました。


                      IMG_3888.JPG
                      今年の秋は温かい気候が続きましたので、大根はもうすでに
                      立派に育っていました。

                      IMG_3890.JPG  IMG_3891.JPG
                      自分の体の半分くらいの長さがありそうな大きくて長い大根は、
                      重たかったけど、みんな一生懸命長い道のりを最後まで大事に運びました。

                      収穫した大根は、切り干し大根にしました。
                      IMG_3893.JPG
                      とっても上手に包丁が使えました。

                      あっ!?つまみぐい!?!?
                      収穫したての大根は、とてもみずみずしく甘くて美味しかったね。生でポリポリ。大喜び!

                       
                      切り干し大根は家庭でも簡単に作れます。

                      栄養価の濃縮した切り干し大根、ぜひお家でも作ってみてね♪


                      IMG_3896.JPG 大根の栄養と健康のミニ講義も。

                      大根てすごい!
                      *大根の食べる白いところは根っこ。では、カブラは?
                      *あれ?大根の茎ってどこにあるの?
                      *大根の先が苦いのはなぜ?

                      いろいろ不思議なこといっぱい。おもしろいなぁ、植物ってすごいなぁ、、、

                      楽しく興味わくわくのアカデミーでした。
                      posted by: 山下陽子 | - | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |